複数内定を獲得する就活生は何が違うのか? 彼らに共通する3つのポイント!

就活論

どうせ、就活するなら

・第一志望の企業に行きたい
・内定を複数獲得し、選択肢を増やしたい

と思う方も多いのではないでしょうか?

本記事では、自称就活アドバイザーとして活動してきた私の経験をもとに、内定を複数もらえる就活生の共通点を3つを解説したいと思います。

就活に望む上でこれから紹介する3つのポイントを理解しているのとしていないのでは、就活を終えた後の結果で大きく違ってきます。

自分自身の行動を振り返ってみましょう!

執筆者:よんた
19卒・関関同立。
就活前半戦の惨敗をきっかけに就活について研究。本質に気付く。
その後、志望企業から内定を獲得し、現在も楽しく働いている。
現在は、”幸せになれる就職活動”を広めるため、活動再開。
150人以上へのアドバイス実績。電子書籍出版中。

「自分自身を理解できている」

就活に望む上で必要不可欠な「核」になります。

就活が上手くいくかどうかは自分自身を深く理解できているかどうかにかかっていると言っても、過言ではありません。

なぜなら、自分を企業に売込む為には、まず自分自身を知ることが必要になるからです。

そもそも、自分自身を理解できていないということは、「自分がどういう人間なのか?」 相手に伝えることができないということです。

これを疎かにすると、まず内定はもらえないですし、貰えたとしてもミスマッチの原因となるでしょう。

自分のことは自分が一番知っているし、理解できていると思うかもしれませんが、過去を振り返った時、自分という人間がどのように形成され、成長してきたのか100%理解している人はなかなかいません。

これらを理解するための簡単な方法を2つ紹介します。

①自分がどのような人間であったか振り返る。

→幼少期〜学生時代まで

この時の
・自身の性格
・楽しかったこと
・嫌だったこと
・褒められたこと
・心がけていたこと


を考えてみましょう。

現在までのあなたの人柄、その人柄がどのように形成されてきたか考えてみましょう。

②客観的に見た自分を確認する。

自分で自分自身を振り返ることは大切ですが、どうしても主観的に見てしまいがちです。

だからこそ、親や友達から客観的な意見を聞くことは非常に大切です。

周りから聞いた自分とで振り返った自分自信を確認してみて下さい。

幼少期のことは通信簿などを確認しても良いと思います。

普段、周りにこういうことを聞かないと思うので恥ずかしいかもしれないですが、自分と周りの意見を照らし合わせることは大切です。

①+②ができれば自分自身がどのような人間であったか、今現在は昔のままなのか変わっているのか振り返ることが出来ますよね。

この振り返りは就活の中で企業選び・自己PR・グループディスカッション・面接全てにおいて活きてきます。

自分に合った企業は、自分が今までどのような事に楽しさ・充実を感じていたのかを探ることによって発見できるかもしれません。

また、自己PRや自分の長所は、褒められた経験、常に心がけている事などを振り返れば、書くことができるでしょう。


このように、就活の一連のパートは自分をしっかり振り返ることからスタートするのです。


自分自身の理解を怠ると

・企業とのミスマッチ
・選考に進めない
・納得のいく内定を貰えない


といった後から後悔するような事になるのです。

これらは俗に言う”自己分析”です。

就活が始まり、何をやれば良いのか全く分からない方はまず”自己分析”から始めてみましょう。

妥協しない

就活に望む上で一番大切なマインドです。

就活で妥協するということは、自分の人生において妥協することと同じです。

将来を大きく左右することにも関わらず、妥協してしまうということはその後の人生も妥協するということになります。

もし、「就活はなんとかなるだろう」 という風に安易に考えている人がいるのであれば、その考え方は今すぐに捨てて下さい。

選考に関わる部分だけでなく、自己分析やESにおいても自分がこれ以上やりきれないくらいやり切ったと思えるくらいまで頑張って下さい。

就活では、多くの企業を受けなくてはなりません。その中で、選考や企業ごとの対策などやることはは本当にたくさんあります。

大変なことは私も就活を経験しているので、よく分かりますが、他の就活生も条件は一緒です。

就活は20代、いや人生の中でも一番大きなイベントに匹敵すると思います。 やり切りましょう。

事前準備を怠らない

就活に限ったことではありません。

何事も事前準備をしっかりしていれば、格段に質が上がります。

例えば、学校でのプレゼンを思い出してみましょう。
しっかり準備した人と準備していない人とではプレゼンの質に雲泥の差があったはずです。

ESや面接は、自分をプレゼンテーションすることと同じです。

2つ目のポイントとして解説した「妥協しない」と通じることではありますが、自分が納得いくまで最後までやり切ることが大切です。

ESから面接まで選考がある中で一つ一つのパートしっかりと事前準備をすることで企業に対して、隙のない売込みを行うことが出来ます。

就活はぶっつけ本番で行って、良い結果が得られる程甘くはありません。

自分自身が後悔しない為にも、日々準備を怠らず取り組んで行くべきです。

仮に準備した上で上手くいかなかった場合、それは企業との相性が悪かったと考えることもできますし、次に活かせることが必ず見つかるはずです。

まとめ:一番大事なのは行動


本記事では、3つのポイントをご紹介しました。

当たり前のことだと感じたかもしれませんが、理解できていることと実践できることには大きな差があります。

行動に移すことができるかどうかが、他の人と大きな差になるのです。

日々の歩みは小さくても、積み重ねていく事で必ず結果につながります。

もちろん、日々、意識を高く持ち続けることは決して簡単な事ではありません。

簡単ではないからこそ、よりスキルや力がつき自分の思い描いている目標に近づけるのです。

最後にエールを送ります。
頑張れ!就活生!

コメント

タイトルとURLをコピーしました