【厳選】逆求人サイトおすすめ4選! 私の経験上これ以外は時間の無駄です。

企業選び

 「どの企業を受けよう…」
「あんまり、受けたい企業ないな」



就活の中で“企業選び”が一番難しいという方も多いでしょう。

そんなあなたに、「逆求人サイト」はうってつけ。


実際に、逆求人経由で内定をもらい、現在も働いている友人がおります。

今回は、実際に私や友人が使っていたおススメできる逆求人サイトをご紹介します。

執筆者:よんた
19卒・関関同立。
就活前半戦の惨敗をきっかけに就活について研究。本質に気付く。
その後、志望企業から内定を獲得し、現在も楽しく働いている。
現在は、”幸せになれる就職活動”を広めるため、活動再開。
150人以上へのアドバイス実績。電子書籍出版中。

逆求人サイト4選

多くの逆求人サイトが乱立していますが、全部登録するのは、時間の無駄です。

登録企業数が多く、質の高いサイトのみ登録しておきましょう。

私と友人たちが利用したものも含め、おススメできるサイトは以下の4つです。

①iRoots おススメ度★★★★★

逆求人サイトで私が1番おススメするのは「iroots」です。

<公式サイト>

学生のためのスカウトサイト「iroots」
エン・ジャパンが運営する、新卒学生向けスカウトサイト。プロフィールや適性診断の結果を元に、あなたに会ってみたいと願う人事からスカウトが届きます。特定の条件を満たした厳選企業のみが参画。

おススメ理由①求人が厳選されている

「iroots」の一番よいところは、登録されている会社の質が高いことです。

実際に、オファーがあった企業は、
・年収が高い
・転職サイトの評価がいい
・福利厚生が充実

のような優良企業でした。

これは「iroots」がサイトの質を保つために、登録できる企業を厳選しているからです。

私の友人が内定をもらったのもこのサイトです。BtoBの超優良企業でした。

おススメ理由②企業のオファー選定


これは、オファーを頂いて話を聞きに行った企業の担当者から聞いた話です。

「iroots」登録企業は、自社の優秀な社員の特性に近い人を性格診断のグラフで重ね、それに近い人の中から自己PRを読んで選定しオファーしているらしいです。

つまり、オファーが来た時点でかなり、適性が高いということでしょう。

とてもよくできた逆求人サイトだと感心した記憶があります。

②OfferBox おススメ度★★★★☆

私が2番目におススメするのは「OfferBox」です。

<公式サイト>

適性診断から始まるあなたの「強み」を生かした就活OfferBox


 おススメ理由①優良中小企業が多い

 皆が知っているような企業からオファーが来ることもありますが、特に優良中小企業からオファーが来ました。

皆が知らない優良中小はいっぱいあります。

ですが、とても探しにくいもの。

OfferBoxを活用して、優良企業からのオファーを待つのもありだなと思いました。

おススメ理由②オファー数がほどよい

「iroots」は企業が厳選されているため、オファー数としては少なくなりがちですが、「OfferBox」の場合、程よくオファーが来ます。

「OfferBox」は登録企業数こそ多いですが、企業側もスカウト数が限定されているようなので、しっかりとしたオファーが程よい量届きます。

これが「OfferBox」最大の魅力でしょう。

おススメ理由③企業からのアクセス数などが分かる

「OfferBox」は企業からのアクセス数やクリック率が分かります。

つまり、この数値を高めるように、自己PRやガクチカなどを改善していけば、良い文章になるということです。

少し、違った使い方ができるのも「OfferBox」ならではです。

③dodaキャンパス おススメ度★★★★☆

3つ目は、「dodaキャンパス」です。

ベネッセのオファー型就活サービス【dodaキャンパス】

おススメ理由①登録企業数が多い

「dodaキャンパス」を運営しているのは、ベネッセです。
言わば就職・転職市場の老舗。

登録企業も6800社以上(2021年6月現在)です。

逆求人サイトは、数があってこそ学生にとって価値があるものになります。

おススメ理由②コンテンツが豊富

運営元が老舗だからこそできるサービスが豊富です。

選考対策のイベントや就活情報も「dodaキャンパス」でゲットできそうですね。

④キミスカ おススメ度★★★☆☆

最後に「キミスカ」です。

<公式サイト>

キミスカ

おススメ理由①オファー量が多い

キミスカは他の逆求人サイトに比べてオファーが来る数が多いです。

逆に言うと、企業側も学生をあまり選定してないともいえるので一概にいいとは言えません。


企業探しに困っている人や、あんまり受けたい企業がない人にはいいかもしれません。

おススメ理由②プラチナスカウト機能がある

キミスカを利用する場合、このプラチナスカウトの求人だけ見ておけばいいんじゃないかなという感じです。

プラチナスカウトは少量しか届かないので、企業側も厳選しているのではないかなと思います。

キミスカは、本命ではないですが、プロフィール等は使い回せるので、一応登録しておく程度で良いと思います。

おすすめ総括

①iroots
②OfferBox
③dodaキャンパス

必須で登録しておく。

④キミスカ
は、余力があれば登録しておくような感じがおススメです。

なぜ、逆求人サイトは良いのか


そもそも、逆求人サイトを利用するメリットは何でしょうか?

①企業から始まる

一般的な就職活動は、学生起点で始まりますが、逆求人サイトでは、企業のオファーから始まります。

もちろん、オファーを受けたからと言って、内定がもらえるわけではありません。
ですが、オファーを送るということは一定程度、あなたを評価したからこそ。


求められるのは、とても気持ちのよいこと。


就活方法の1つとして持っておくのも良いのではないでしょうか?

②求める人材像とマッチしている

企業は、あなたの登録した自己PRやガクチカ、性格診断などをもとにオファーを送ります。


「あなたが活躍できそうだから」
「自社に適性がありそうだから」


上記のように感じたからこそ、オファーを送ります。


つまり、
企業の求めている人材像に近い
ということです。

したがって、普通に就職活動をするよりも、内定確率が高くなると考えられそうです。

加えて、入社後のミスマッチも起こりにくいのではないかと推測できます。

③選択肢が広がる

逆求人では、あなたが知らない会社からオファーが来ます。

その会社は、あなたが見向きもしなかったような業界であったり、職種だったりするでしょう。

つまり、
「こんな業界・企業から求められるのか」
「こういう仕事に適性があるのか」


という発見があるのです。


実際に、私の友人は、全く興味のなかった業界の企業からオファーをもらい、そのまま内定→働いている子がいます。


狭くなっている自分の視野を広げること、新たな可能性を出会う手段としても逆求人サイトはおススメです。

違った角度から就活をするのも大事

今回は、逆求人サイトのおすすめ4選を紹介しました。

違った角度から就活をすることで、新たな選択肢が広がったり、思っていもいなかった出会いがあったりするものです。

ぜひ、逆求人サイトも活用し、充実した就活ライフを送りましょう!

今回おススメしたのは

企業探しの方法として就活エージェントがおすすめできるもう一つの方法です。下の記事で紹介しているので参考にしてみてください。

おススメの就活エージェントはどこ? 私の経験から教えます。【4選+α】
就活エージェントについて聞いたことはあるけど詳しくは知らない人が多いです。 本記事では、エージェントの悪い所も全て書いた上で、上手な活用方法とおすすめのエージェントを紹介します。 エージェントを上手く利用することで、納得のいく就活ライフを送りましょう。

コメント

  1. […] 逆求人サイトでおススメできるのは4つだけ!新しい企業の見つけ方を実践… […]

  2. […] 逆求人サイトでおススメできるのは4つだけ!新しい企業の見つけ方を実践… […]

タイトルとURLをコピーしました