就活で全滅したらどうするべきか? あなたが今やるべきことは何か?

就活論

 「就活、全滅してしまった。これからどうすれば…」

就活で全滅してしまったという学生は意外にも多いです。
私の周りでも、持ち駒がなくなってしまったり、全然受からないと嘆いていたりする子は、いっぱいいました。

そこそこの学歴でも(早慶、MARCH、関関同立とか)、特に文系なら普通に全滅します。
(もちろん理由は様々ですが…)

でも、就活は内定を取るまで、終わることができません。

今回は、「就活で全滅したら、次どうすればいいのか?」について、私の持論を詳しく解説したいと思います。

執筆者:よんた
19卒・関関同立。
就活前半戦の惨敗をきっかけに就活について研究。本質に気付く。
その後、志望企業から内定を獲得し、現在も楽しく働いている。
現在は、”幸せになれる就職活動”を広めるため、活動再開。
150人以上へのアドバイス実績。電子書籍出版中。

なぜ全滅したのか分析する

次に、どのような行動をするにせよ、まずは自分がなぜ全滅してしまったのか?を分析することが重要です。

なぜなら、自分のダメなところを認識し、改善しなければ、また同じ過ちを繰り返してしまうからです。

下記は、パート別で落ちる主な原因を書き出したものです。
自分がよく落ちるパートはどこなのか思い浮かべながら分析に役立ててください。

ESで落ちる

高望み・学歴フィルター→志望企業のレベルを落とす

自己PR・ガクチカなどの質が低い→見直す・添削を受けるor自己分析をやり直す

文章力が低い→添削を受ける

SPI・適性検査で落ちる

SPIの勉強不足

適性の低い企業・職種を受けている→自分の適性を知る

グループディスカッションで落ちる

協調性が低い(ex.他人の意見を否定しがち、発言が自分勝手)

発言回数が少ない

積極性が足りない(役割を名乗り出ない)

議論の手順を踏んでいない→GDのセオリーを学ぶ

一次面接

マナー・態度が悪い

元気よさが足りない→笑顔・はきはき・大きな声・上を向く

自己PR・ガクチカなどの質が低い

コミュニケーションがとれていない(聞かれていることに答えられていない)

面接に慣れていない(人によって慣れる回数が違う)→場数を踏む

適性の低い企業・職種を受けている→適性を知る

熱意が感じられない→企業選びがの軸が曖昧→自己分析をやり直す

2~3次次面接

志望動機の作りこみが甘い(理由付けなど不適当)

マッチ度が低い→キャリア志向性・性格の不一致→企業選びを見直す

企業理解不足と評価される→業界・企業研究不足

最終面接

運が悪い

熱意が足りない→しっかり自分を出し切れたか見直す

次に受ける企業を探す

全滅してしまったということは、新たな志望企業を探さなければなりません。

ただし、同じように企業探しをしてしまうと、同じことを繰り返してしまうことが考えられます。

だから、次に受ける企業は

・自分に適性の高い企業
・採用希望人数に足りていない企業


この2点を意識して探していくことをお勧めします。
そうすることで内定確率を飛躍的に上げることができるはずです。

では、上記2点を意識して探す具体的方法論をお伝えします。

適性を知る

まずは、自分に向いている業界・職種を知りましょう。適性が高いということは、自分の考えや思考性格とマッチしているということ。面接官もそういうところを雰囲気などでかぎ取っていると思います。

下記は、マイナビ適職診断のリンクです。ぜひ、自分の適性と向き合ってみましょう。

マイナビ2023 - 学生向けインターンシップ・就職情報サイト
株式会社マイナビが運営する学生向けインターンシップ・就職情報サイト「マイナビ2023」。インターンシップや企業検索はもちろん、適職診断や就活準備コンテンツが満載。

追加募集の企業を受ける

企業の中には、就活後半になって追加募集の告知をマイナビ・リクナビに掲載する企業があります。
内定辞退が予想より多かったり、人が例年より集まらなかったりするためです。

つまり、人が足りていないということ。

追加募集を出している企業で自分の軸と合致する企業を探し、応募していきましょう。

逆求人サイトを利用する

逆求人サイトとは、企業側から学生にオファーをするサイトの事です。

アプローチがもらえるということは、あなたがその企業に向いている可能性が高いということです。
また、まだ採用数が欲しいということも表しています。

就活後半で、逆求人サイトでオファーを送ってくる企業は

・あなたにとって適性の高い企業
・採用人数が足りていない企業


だといえます。
つまり、内定の確率はあがるでしょう。


逆求人サイトを使って、就職活動をしていない人は、ぜひ利用してみてださい。

詳しくは、下の記事で紹介しています。

【厳選】逆求人サイトおすすめ4選! 私の経験上これ以外は時間の無駄です。
就活の中で“企業選び”が一番難しいという方も多いでしょう。 就活はやることが多く“企業選び”ばかりに時間をかけている訳にもいきません。 今回は、実際に私や友人が使っていたおススメできる逆求人サイトをご紹介します。

就活エージェントを利用する

リクナビ・マイナビを利用して就活をする学生が多いですが、新卒採用を行っている企業の全てが使っているわけではありません。

それは
・コストが見合っていなかったり
・人事部員が少なかったり
・社長がリクナビ・マイナビを嫌っていたり


様々な理由があります。

では、そのような企業はどうやって新卒採用をしているのか?

その一つが“就活エージェント”です。

リクナビ・マイナビなどでは出会えない企業を見つけることができます。

また、就活エージェントで紹介されるということは、まだ採用人数を確保するべく、募集しているということ。

まだ利用したことがない方は、使ってみることをおすすめします。

詳しくは、下の記事で紹介しています。

おススメの就活エージェントはどこ? 私の経験から教えます。【4選+α】
就活エージェントについて聞いたことはあるけど詳しくは知らない人が多いです。 本記事では、エージェントの悪い所も全て書いた上で、上手な活用方法とおすすめのエージェントを紹介します。 エージェントを上手く利用することで、納得のいく就活ライフを送りましょう。

就活浪人してもいい

就活で全滅してしまったのには、様々な理由があるかと思いますが、多くの場合共通しているのが、

・準備不足
・就活をなめていた
・人生と真剣に向き合っていなかった


または、
・就活戦略に重大な欠陥があった

ということだと思います。

であれば、もう一年、就職活動をすることを私はおすすめします。

なぜなら、初めに就職する会社で大きく人生は変わるからです。

それは、
・どんなスキルが得られるのか
・大企業か中小企業か
・どんな職歴になるか
・どの業界か
・ステータスはどうか?


といった表面的なことだけではなく、

・自分の価値観
・自分の将来への考え


など、自分自身がどう生きるのか?という重要なことを形成するのです。

また、就職するということは、週5日8時間という貴重な時間をその会社で過ごすことになります。
昼休みや通勤時間を考慮すれば、平日はほとんど、会社のために使うことになるのです。

だからこそ、
・納得した会社で働くこと
・楽しく働けること
・良好な人間関係

などが、人生の幸福度に直結します。

全滅後の1~2か月など短い期間ではなく、就活浪人をすることで、じっくり自分の人生と向き合うことをおススメするのです。

納得の就活を

どういう結果だったとしても、あなたがこれからの人生に納得して進めることが一番大事です。

まずは、今回紹介した

・適性を知る
・追加募集の企業を受ける
・逆求人サイトを利用する
・就活エージェントを利用する


4つの方法を実践し、ダメだったら、就活浪人するぐらいしてしまいましょう。

無理に入社し、ミスマッチを引き起こすのが一番避けるべきことです。

ぜひ納得の内定を目指してください!
応援しています。

今回記事内で紹介した記事です。

【厳選】逆求人サイトおすすめ4選! 私の経験上これ以外は時間の無駄です。
就活の中で“企業選び”が一番難しいという方も多いでしょう。 就活はやることが多く“企業選び”ばかりに時間をかけている訳にもいきません。 今回は、実際に私や友人が使っていたおススメできる逆求人サイトをご紹介します。

おススメの就活エージェントはどこ? 私の経験から教えます。【4選+α】
就活エージェントについて聞いたことはあるけど詳しくは知らない人が多いです。 本記事では、エージェントの悪い所も全て書いた上で、上手な活用方法とおすすめのエージェントを紹介します。 エージェントを上手く利用することで、納得のいく就活ライフを送りましょう。





コメント

タイトルとURLをコピーしました