就活をさっさと終わらせる方法論5つ。他の学生とは違う視点を持つことが重要です!

就活論

「就活をはやく終わらせて、残りの学生生活をエンジョイしたい!」
「はやく内定を決めて、就活で焦るなんて思いはしたくない」


就活は、大変で苦しいもの。
できれば、はやく終わらせたいはず。

今回は、就活をなるべく早く終わらせる方法5つについて紹介していきたいと思います。

執筆者:よんた
19卒・関関同立。
就活前半戦の惨敗をきっかけに就活について研究。本質に気付く。
その後、志望企業から内定を獲得し、現在も楽しく働いている。
現在は、”幸せになれる就職活動”を広めるため、活動再開。
150人以上へのアドバイス実績。電子書籍出版中。

早く終わらせる方法5つ

さっさと終わらせるために必要なことは2つ。

①早くから企業と接点を持つこと
②幅広いチャネルを利用すること


他の就活生と同じようなスケジュールで行動するのではなく、早くからアプローチをしかける。
それを様々なチャネルで行う。

早く行動することで、他の就活生と差別化をはかり、チャネルを分散することで受ける企業の分散をする。
これが早く終わらせる極意です。

インターンに参加する

もはや、就活の常識となっていますが、インターンに参加することは、早期内定において非常に重要です。

採用数の多い大企業は、早期に学生を囲いこんでおきたいというニーズがあるため、優遇措置が多いです。
特に、複数日程のインターンに参加した場合は、後に座談会や早期選考の案内が送られるケースがほとんどです。

早く内定が欲しいあなたは、絶対に参加しておきましょう。

インターンを見つけられるのは、リクナビ・マイナビだけではありません。3番手・4番手のサイトも活用し、妥協のない就活を進めましょう

逆求人サイトを利用

早期内定ツールとして、一番おすすめなのが“逆求人サイト”です。

逆求人サイトは企業側からあなたにアプローチがあります。
アプローチが来るということは、あなたが自社に適性があったり、魅力的に映ったりするからです。

だからこそ、逆求人サイト経由では、特別な選考ルートで一般日程とは別に設けられていることが多々あります。

逆求人サイト経由で一部上場企業から内定をもらい現在も働いている友人もおり、いろんなチャネルで企業と接点を持つことが重要だなと思います。

早い段階から逆求人サイトを利用し、あなたに興味のある企業と接点を持ってみましょう。

逆求人サイトのおすすめついては下の記事で紹介しています。

【厳選】逆求人サイトおすすめ4選! 私の経験上これ以外は時間の無駄です。
就活の中で“企業選び”が一番難しいという方も多いでしょう。 就活はやることが多く“企業選び”ばかりに時間をかけている訳にもいきません。 今回は、実際に私や友人が使っていたおススメできる逆求人サイトをご紹介します。

就活エージェントの利用

あらゆる企業と接点を持つという戦略において、就活エージェントを利用する価値があります。
多くの就活生は、リクナビ・マイナビといった就活サイト経由でしか企業と接点がありません。

ですが、リクナビ・マイナビに掲載している企業だけが新卒採用をしている訳ではないのです。

・リクナビ・マイナビはコスパが悪い
・志望度の低い学生が来る
・学生が来すぎて、手に負えない


このように考え、就活サイトを敬遠する企業も多いのです。

そういう企業が“就活エージェント”を利用しています。

特に、優良中小企業や知名度の低い一部上場企業、大企業グループ会社などが利用しているケースが多く見られ、使わない手はないです。

就活エージェント経由の選考は、独自ルートで行われるため、日程等も一般的なスケジュールに縛られません。
早く終わらせたいという就活生にとっては、非常に良いツールとなり得ます。

早くから利用して内定を獲得しましょう。

就活エージェントのおすすめや詳しい解説は、下の記事で紹介しています。

おススメの就活エージェントはどこ? 私の経験から教えます。【4選+α】
就活エージェントについて聞いたことはあるけど詳しくは知らない人が多いです。 本記事では、エージェントの悪い所も全て書いた上で、上手な活用方法とおすすめのエージェントを紹介します。 エージェントを上手く利用することで、納得のいく就活ライフを送りましょう。

自分で問い合わせ

一番最強な方法。
それが“自分で直接、問い合わせをする”です。

就活サイトやエージェントを使用していない企業でも、新卒採用を行っている企業はいっぱいあります。
業界を調べていて、良さそうな会社を見つけても、マイナビやリクナビで発見できないということがよくあります。

そういう場合は、直接、問い合わせをしてみましょう。
新卒採用をしておらず、断られることもあるでしょうが、選考をしてくれるのならチャンスです。

そもそも企業に直接問い合わせをする学生は稀です。
だからこそ、企業側にも熱意が伝わりますし、おもしろい学生だと評価してくれます。

また、一般的な就活スケジュールにとらわれず、選考を受けることができるので、早期に内定を獲得するといったこともありえます。

おそらく、ほとんどの学生が試さない方法です。
だからこそ、価値があるし差別化できるでしょう。

就活イベントに参加

最後に紹介するのが“就活イベント”です。

基本的に、現代はネットでのやり取りが主になっています。
就活もネット経由でエントリーをして、Webで面接をするような時代です。

だからこそ、逆に直接会うことに価値が生まれるのです。

就活イベントでは、直接、話ができるというメリットがあります。
人の出会いも、企業との出会いも一期一会です。

“ご縁”が就活においても重要になってきているのではないでしょうか?

下記は例ですが、こんなイベントを催している企業もあるので紹介しておきます。

参加者内定率96%のMeetsCompany


まとめ:一番大事なのは準備

 今回は、就活を早く終わらせる方法論について解説しました。

・インターン
・逆求人
・就活エージェント
・直接問い合わせ
・就活イベント


この5つの方法で、早期内定を目指していきましょう!


ただし、忘れてはならないのは、就活は準備が一番大事だということ。

特に自己分析や自己PR・ガクチカなど。
これらが就活の基礎です。

これらを怠ってしまっては、勝利はありません。
テクニックも大事ですが、しっかり基礎を磨きましょう。

応援しています!

本記事紹介したおすすめ記事です!

https://yontablog.com/direct_sourcing/

おススメの就活エージェントはどこ? 私の経験から教えます。【4選+α】
就活エージェントについて聞いたことはあるけど詳しくは知らない人が多いです。 本記事では、エージェントの悪い所も全て書いた上で、上手な活用方法とおすすめのエージェントを紹介します。 エージェントを上手く利用することで、納得のいく就活ライフを送りましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました