GDが受からないのはなぜか? 苦手意識を持つ前に知っておくべき5つの原因。

GD攻略

「GDが通らない…何がダメだったの?」
「受かる気がしない…苦手なのかも」


GD(グループディスカッション)はESや面接とは違い、他者とのコミュニケーションを客観的に採点されます。

だからこそ、ESや面接は通っても、GDだけ苦手・受からないと悩んでいる就活生は多いです。

今回は、あなたがGDに落ちてしまう原因5つを解説します。
ぜひ、ご自身のGD選考を振り返り、当てはまらないかチェックしてみてください!

GDで見られること

そもそも、企業はGDで学生のどんな能力を判断したいのでしょうか?

それは、ズバリ“複数人コミュニケーション力”です。

会社に入れば、多くの会議やミーティングなどに出席することになります。
もちろん、社内だけではなく、顧客や取引先など相手も様々です。

そのような状況で、円滑に物事を進めていく素養があるのかということを見られているのです。
また、自社の名を背負って恥ずかしくない人材かということも問われています。←重要です。

言うまでもなく

・発言力
・論理力


など個人的な能力も重要ですが、GDでは、それ以上に複数人でのやり取りで重要な

・協調性
・チームでの立ち振る舞い
・議論構成
・マナー


を見られるでしょう。

受からない5つの原因

“複数人コミュニケーション力”という点を踏まえ、落ちる原因を解説します。

積極性不足

まず、第一に挙げられるのが“積極性”です。

特に、発言回数については気を付けなければなりません。
会議やミーティングで発言がないということは、あなたの存在価値がないということに他なりません。

発言がなければ、良いも悪いも採点することもできないのです。

また、発言だけではなく、立ち回りへの積極性も見られています。
例えば、役割を押し付け合うようなことはNGでしょう。

否定癖

議論において、自分の意見を通すことは重要です。
相手を論破するのは非常に気持ちがいいもの。

ですが、これはNGです。
協調性という観点に欠けます。

否定される方は、気分がよくありません。
組織で仕事ができる人は、誰とでも良い人間関係を築ける人です。

だからこそ、

・自分の意見を通しすぎる
・相手を否定しすぎる


ような人材はGDで落とされるでしょう。

マナー・態度が悪い

見逃しがちなのが「マナー・態度」です。

例えば、人の話を聞く時
・肘をついている
・背もたれにもたれている
・無反応

など

他にも
・相手の目を見て話さない
・手遊びをしている
・ペン回しをしている

など

これは、お客様の前に出せる人間なのかという視点が重要だからです。

割と細かなところを見られていると考えましょう。

構成不足

GDでは、皆で議論し、1つの結論に導くことになります。

ですが、漠然と話し合い、結論を出せばよいというものではありません。
このような場合は、チーム単位で落とされるでしょう。

GDでは、その過程を見られているのです。

大きく分けて2つ。

1つ目は、時間配分です。
何分までに意見をまとめて、最後の5分は発表の練習など。

2つ目は、筋道です。
いきなり意見をぶつけ合うだけではなく、まずは前提を考え、順に議論を積み重ね、結論を説得力の高いものにできているかということです。

この“構成力”はチーム全体のポイントとして見られています。
つまり、メンバーで勝手な人間がいる場合は、しっかり制して議論を構成していく必要があります。

相互理解不足

複数人で議論する時に起こりがちなことが2つあります。

・互いの意見を理解できていない
・相手が納得できない


ことです。

会社の会議でこのようなことになった場合、後で調整に苦労することになります。

GDでも、
・相手の意見をしっかりくみ取っているのか
・論理的で相手に納得してもらえる発言をできているか


上記のことに気を付けているかは見られているでしょう。

練習とフィードバック

何事も場数を踏んでおくこと、つまり練習が重要です。
それに加え、客観的なフィードバックをもらえるとなおよいでしょう。

練習できる場所を紹介します。

キャリアセンター

 通っている大学のキャリアセンターでは、就活時期が近くなると対策イベントをやっている場合が多いです。

大学側が主催しているものなので、ぜひ活用しましょう。

就活イベント

2つ目は、就活系の企業が開催しているイベントに参加することです。

対策ためだけのイベントもあれば、選考に直結するイベントもありますが、練習の場としては十分でしょう。

下記は調べてできたものです。
選考型のグループディスカッションを行い、企業の担当者からフィードバックをもらえるようです。

企業の担当者からフィードバックをもらう機会はほぼないので、練習がてら使ってみるのも悪くないかもしれません

本番を練習に

GD選考がある企業を受けるというのが一番手っ取り早い手段です。
本番の空気感で練習できるからです。

特に、選考が早めに始まる企業を練習に使い、本命の企業に備えるのが良い戦略となるでしょう。

まとめ

 まずは、
・積極性
・独りよがりにならないこと
・態度良くのぞむこと


この3点に気を付ければ、だいたいなるようになるはず。

余裕があれば、議論構成や発言内容にも気を使いましょう。


下の記事では、GDのコツや対策などもまとめています。
GDは負けなしで面接回数を増やせるよう練習していきましょう!

就活生が絶対に抑えておくべきGD(グルディス)対策の基本!
グルディスの合格基準は非常に分かりにくいもの。まずは、何を見られているのか? そしてどんな対策をすればいいのか? を知り、本番に臨みましょう。


コメント

タイトルとURLをコピーしました