就活がキツいと感じているあなたに ”就活を楽にするアイデア”3選

就活論


就活きつい……

ほんと就活って、キツイですよね。

自己分析、業界研究、ES、志望動機…やること多いし、何が正解なのかもよく分かんないし、すぐ祈られるし、嫌になっちゃう。

できれば、もっと楽に乗り越えたい。なんとかならないの?

そんな、あなたに“きつい”就活を乗り越えるアイデアを3つ紹介します。


対象読者:就活がきついと感じている方

執筆者:よんた
19卒・関関同立。
就活前半戦の惨敗をきっかけに就活について研究。本質に気付く。
その後、志望企業から内定を獲得し、現在も楽しく働いている。
現在は、”幸せになれる就職活動”を広めるため、活動再開。
150人以上へのアドバイス実績。電子書籍出版中。

きつい就活を楽にするアイデア

①1人で就活に挑まないこと

あなたには、就活の相談に乗ってくれる人やアドバイスをしてくれる人はいますか?

コーチやアドバイザーのような存在は、就活にとって非常に重要です。
もっと楽に就活ができるようになります。

1人で就活をする場合、自己分析・企業選び・ES作成…など全てを自分の力だけでやり遂げなければなりません。

もちろん、人によっては、完璧にこなせる人もいます。
ですが、多くの人はできません。

自己分析では、頭が整理しきれていなかったり、ESでは、自分では上手く書けているつもりでも、中途半端だったり…

コーチやアドバイザーのような存在がいる場合、自分の考えを深める手助けをしてくれたり、ESの文章も客観的なアドバイスをくれたりします。

また、相手に話すことで自分の思考を整理できたり、単純に心が楽になったりするものです。

就活は短期決戦です。
自分1人で様々なことが分かる頃には、就活の終盤だったということが起こりがちです。

まずは、コーチやアドバイザーのような存在を探してみてはいかがでしょうか?

一番手軽なのは、大学のキャリアセンターです。
彼らは、就職活動の面倒を見るのが仕事です。ぜひ使い倒しましょう。

他には、サークルの先輩やOB・OG訪問などで探すのもアリです。社会人として働く彼らからリアルな視点やアドバイスが得られるでしょう。
OB・OG訪問については下記記事でご紹介しています。

OB・OG訪問はいらない?するべきか否かについて考えてみた。
OB・OG訪問なんてやる意味ないし、くだらない?それは、本当なのでしょうか? OB訪問は本当に必要なのか・重要性について考えてみました。

②逆求人サイトを利用してみる

多くの就活生は、自分のリクナビやマイナビで、企業を探し応募します。

だからこそ、多くの候補者との競争になったり、個々の企業に合わせて対策を練ったりしなければなりません。

ですが、近年では、学生→企業ではなく、
企業→学生という形で始まる就活もあります。

これが逆求人です。

逆求人サイトでは、履歴書、自己PR・ガクチカ、性格診断などを登録します。
それを元に、企業はオファーを送る学生を選びます。

逆求人サイトを利用すれば

・別ルートでの選考
・ESや1次面接免除

などの恩恵を受けられることが多いです。

就活がきついなと感じられている場合は、1つ違った角度から就活を行ってみるのも良いでしょう。

私の友達の1人は、逆求人サイトを利用し、運命の一社と実際に出会っています。
これも1つの就活のやり方なのかもしれません。

おすすめの逆求人サイトは下記記事で紹介しています。

【厳選】逆求人サイトおすすめ4選! 私の経験上これ以外は時間の無駄です。
就活の中で“企業選び”が一番難しいという方も多いでしょう。 就活はやることが多く“企業選び”ばかりに時間をかけている訳にもいきません。 今回は、実際に私や友人が使っていたおススメできる逆求人サイトをご紹介します。

③たくさん受けてみる

“就活がきつい”という悩みを根本的に解決するには、内定をもらうしかありません。
選考に通るようになれば、嫌だった就活も楽しくなるものです。

そのためには、経験を積むということが非常に大事になってきます。
数をこなすことによって、「なぜ落ちるのか?」が分かってきます。
自分の弱点が明確になれば、改善することができます。

また、たくさん受けることで、選考の雰囲気に慣れたり、自然に振舞えたりするものです。

たくさん受けることは、「キツイ」という悩みの解決策とは、離れているように感じるかもしれません。
ですが、実は一番の近道だと私は確信しています。

たくさん受ける重要性については、下記の記事で、詳しく解説しています。
ぜひご覧ください。

【結論:就活ではたくさん受けるべき!】理由を解説します!
多くの就活生が就活では何社受けていくのが正解なのか疑問に思っています。 中途半端にならず、本気でエネルギーを注ぐことができる適正値とはどれぐらいなのでしょうか。就活は短期間での結果で大きく人生が変わっていきます。 今回は私自身の就活経験から「就活はたくさん受けるべきなのか?」という問いについて詳しく解説していきます。

きついのは頑張っている証


あなたが就活をキツイとかんじているのはなぜでしょうか?

もちろん、いろんな原因があると思います。
原因は1つずつ解決していかなければなりません。
でも、根本的な理由はもっと単純です。

みなさんが「きつい」と感じているのは、しっかり就活と向き合っているからです。
自ら、行動し頑張っているからです。
そうでなければ、“キツい”という感情は起こり得ないから。

全く行動もせず、「まあ、なんとかなるだろう」と考えているような人たちとは雲泥の差です。

だから、自信を持っていいんです。頑張っている自分をまずは、認めてあげましょう。

あなたの就職活動は、絶対に上手くいきます。

嘆いてばかりはいられない。

でも、キツイキツイって嘆いてるだけじゃダメなんです。
キツイからって、時間は待ってくれないし、面接官も甘々な評価をしてくれるわけじゃない。

でも、どこにいっても、今の自分の状況に嘆くだけの人っています。

「全然、上手くいかないわー」
「面接官との相性が悪かった」
「今回は仕方ない」

とか。

誰も何も、あなたに施してはくれないし、勝手に良くなるわけでもない。

結局は、あなた自身が変わるしかないんです。
あなたのために世界一動けるのはあなただけですから。

次はどうすればいいのか? これだけを考え、行動に移していくしかありません。

楽をすることは大事。


どんなことでも、“もっと楽をしよう”という姿勢は大事だと私は考えています。

キツイ・苦しいばかりでは身が持たないからです。
ネガティブな思考は、表情を暗くしたり、考えを鈍らせたりします。
この最悪のループにハマっては身動きがとれません。

だからこそ、もっと効率良くできる方法を探すことは重要なのです。

ただ、一方で「急がば回れ」という言葉がある様に、1つ1つしっかりこなしていくことが、一番の近道だったりします。

就活は短期決戦です。
終われば、友達との飲み会や卒業旅行そして社会人生活が待っています。
楽しい未来を思い描き、頑張りましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました