就活でとりあえず内定が欲しい思っている人に向けた具体的方法5選

企業選び

 「とりあえず内定が欲しい」


なぜか上手くいかない就活。
周りが内定をもらい、焦る気持ち。

とりあえず内定が欲しいと思うのは、当然のことです。

もしくは、早い時期に内定をもらうことで、じっくり焦らず就活をしたい。

そんな考えを持たれているのかもしれません。
追い込まれるような就活は苦しいですからね。


今回は、“とりあえず内定をもらうための方法”を独自の視点で、詳しく解説していきます。

執筆者:よんた
19卒・関関同立。
就活前半戦の惨敗をきっかけに就活について研究。本質に気付く。
その後、志望企業から内定を獲得し、現在も楽しく働いている。
現在は、”幸せになれる就職活動”を広めるため、活動再開。
150人以上へのアドバイス実績。電子書籍出版中。

前提:倍率の低そうな業界・企業を受ける

とりあえず内定をもらうためには、高倍率な業界・企業を避けることが重要です。
理由は言うまでもないでしょう。

高倍率であればあるほど、あなたが優秀でも内定をもらえる確率は低くなります。
逆に、低ければ低いほど、優秀でなくても内定をもらえる確率があがります。


とりあえず内定を獲得しようとするならば、この考えのもと企業を探していくことが重要です。

”とりあえず内定”の具体的な方法5選

倍率を低い業界・企業探しには、いろいろなやり方があります。
具体的な方法論を5つ解説していきます。

①人手不足の業界・職種を受ける

まずは、社会全体を見渡して、人がいないところ・人が求められているところを探してみましょう。
これは、帝国データバンクが発表している“従業員が「不足」している上位 10 業種”のデータです。

“従業員が「不足」している上位 10 業種”より引用
出典:人手不足に対する企業の動向調査(2021年4月) (tdb.co.jp)

もちろん、人手不足なのには、理由があります。
長時間労働・低賃金・将来性がないなど。

ですが、同じ業界でも企業は様々。
一括りに語ることはできません。

不人気業界の中でも、効率化を進め、高収益を獲得している企業。
社員を大事にし、労働環境の改善や収益還元を大事にする企業など。
そういう会社がねらい目かもしれません。

また、人手不足の職種は、転職しやすいというメリットも考えられます。
だって、人がいないんだもの。
加えて、将来も必要とされる職種であればなおよし。

例えば、IT。
IT系職種は慢性的な人手不足。
社会的な問題である少子高齢化や生産性の向上といった観点からも、長期的に求められる職種だと考えられます。
加えて、ITエンジニアの給料は、平均よりも高めです。

人手不足×将来性
不人気×好労働環境・待遇


このような観点から企業を探してみると良いのではないでしょうか?

②新規営業職を受ける

2つ目は、営業職です。

営業職は大きく分けて既存営業新規営業の2つに分けられます。

既存営業は、案件数が限られるので必然的に採用されにくくなります。
例えば、大手メーカーなど取引相手が基本的に決まっているような業界です。

しかし、新規営業の場合は、成約が取れた分だけビジネスが大きくなります
人を採用した分、売上が上がれば、問題ありません。
だからこそ、企業側としても人を採用しやすいと考えられるのです。

例えば、
・伸びているベンチャー企業
・IT系営業職
・金融商品・不動産など個人向けの営業


などは、採用をもらいやすいのではないでしょうか?

もちろん、営業職は離職率も高い傾向があり、万人におすすめすることはできません。

しかし、
・頑張った分だけ評価される
・給与に反映されやすい
・ビジネスを作るスキルが手に入る


など、悪いことばかりではありません。
とりあえず内定がほしい人は、一度検討してみましょう。

③就活エージェント経由で探す

企業の採用活動は、とても難しいものです。
なぜなら、就活生は人気企業ばかりを志望するからです。

多くの企業は、新卒の採用に苦しんでいます。
有名ではない会社なら、なおさらです。
そんな企業が就活エージェントを利用します。

就活エージェントとは、簡単にいうと、”企業の代わりに応募者を探してあげるよ”というサービスです。
採用が決定すれば、企業が就活エージェントに成功報酬を支払います。

裏を返せば、報酬を支払わなくてはならないほど、採用に困っているということ。

つまり、就活エージェントを利用すれば、低倍率な会社を見つけやすいということです。

また、就活エージェントも就活生が採用されないと報酬が入らないため、頑張って採用に導こうとしてくれます。

就活エージェントを利用して、効率良く内定をもらってみてはいかがでしょうか?

下記、記事で就活エージェントについてはまとめていますので、読んでみてください。

おススメの就活エージェントはどこ? 私の経験から教えます。【4選+α】
就活エージェントについて聞いたことはあるけど詳しくは知らない人が多いです。 本記事では、エージェントの悪い所も全て書いた上で、上手な活用方法とおすすめのエージェントを紹介します。 エージェントを上手く利用することで、納得のいく就活ライフを送りましょう。

④逆求人サイトを利用する

4つ目は、今流行りの逆求人サイトです。

逆求人サイト経由だと、内定率が上がると私は考えています。

なぜなら、逆求人サイトでは、就活生からアプローチするのではなく、企業側からスカウトを送る形になっているからです。

あなたにスカウトが来るのは

・あなたが自社に適性があるから
・採用基準を満たしていそうだから
・ただ単に応募者が少ないから


といった理由が考えられます。

つまり、あなたにとって、スカウトを送ってきた企業は内定をもらいやすい可能性が高いと言えるでしょう。

私の知人にも逆求人経由で内定を獲得し、入社した子がいますのでおススメできます。

とりあえず内定をもらいたいのなら、使わない手はないでしょう。

逆求人サイトについては、下の記事で詳しく解説していますので、ご覧ください。

【厳選】逆求人サイトおすすめ4選! 私の経験上これ以外は時間の無駄です。
就活の中で“企業選び”が一番難しいという方も多いでしょう。 就活はやることが多く“企業選び”ばかりに時間をかけている訳にもいきません。 今回は、実際に私や友人が使っていたおススメできる逆求人サイトをご紹介します。


⑤リクナビ・マイナビに載せていない企業を受ける

多くの就活生は、リクナビ・マイナビ経由でしか就職活動を行いません。
ですが、リクナビ・マイナビを利用している企業はほんの一部です。

・志望度の低い学生が面接に来る
・応募者数に対応できない
・サイトの利用料に見合った集客ができない


など様々な理由でリクナビ・マイナビを利用しない企業も多いのです。

だからこそ、リクナビ・マイナビを利用していないけど、新卒採用を行っている企業は狙い目なのです。

そもそも、応募者が少ないことが考えられますし、直接応募することで志望度の高さを評価してもらえるでしょう。

こういった企業は、自分で四季報やGoogle、評価サイトなどを使い、手間をかけて探さなければなりませんが、見つければ、ブルーオーシャンかもしれません。

ぜひ試してみてください。

内定をもらうことは大事だが…

もちろん、とりあえず内定をもらうことは重要です。

焦らず企業探しをすることができたり、安堵感を得られたりするからです。

でも、そのことに囚われてはいけません。
重要なのは、未来に自分にとって幸せな選択肢を選ぶこと。

時には、妥協することも必要ですが、納得できないなら就職浪人してもいいと私は思います。
人生は長いです。
周りがどう思おうと、1年ぐらい考える期間があっても良いのではないでしょうか。

納得できる社会人への第一歩を踏み出してください!
応援しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました