なぜ就活の面接でロジカルシンキングが必要なのか? 鍛え方2選と面接での活かし方!

面接攻略

「ロジカルシンキングがで内定力アップ?」
「この頃、周りでロジカルシンキングって聞くけど…」

ロジカルシンキングは面接を勝ち抜いていくためにも必須のスキルであり、日頃から鍛えておく必要があります。

また、最近では、”論理的にコミュニケーションが取れる”などと求める人物像に記載している企業も多くなってきました。

なぜなら、現代のビジネスパーソンに求められる能力は、自ら発想し、自ら行動する人材だからです。自分の意見を論理的に述べることができなければ、相手を動かしたり、説得することはかないません。

ロジカルシンキングは、ビジネスパーソンとして必須のスキルと言えます。

今回は、そんなロジカルシンキングを日頃から実践できる具体的な鍛え方と面接での活用方法を解説していきたいと思います。


対象読者:ロジカルシンキングを面接で活用したい方、ロジカルシンキングを鍛えたい方

執筆者:よんた
19卒・関関同立。
就活前半戦の惨敗をきっかけに就活について研究。本質に気付く。
その後、志望企業から内定を獲得し、現在も楽しく働いている。
現在は、”幸せになれる就職活動”を広めるため、活動再開。
150人以上へのアドバイス実績。電子書籍出版中。

なぜロジカルシンキングが面接で重要なのか?

忘れがちな面接で重要なこと

面接はただ質問に答えていれば良いわけではありません。

忘れてはならないのが、面接は本来

『自分をアピールする場』
『相手・会社のことを知る場』

であるということです。

ただの選考の一部ではなく、お互いを知る機会だということです。

そのために重要なのが”ロジカルシンキング”なのです。

相手の質問に対して、的確に筋を通して話す。
自分の発言していることが総じて一貫している。


論理的に話すことで、面接官もあなたを信頼してくれますし、よく考えられていると感じてくれるのです。

逆に、論理的でなければ、あなた自身のことを理解できないでしょうし、本当のことを語っているのかすら疑ってしまいます。


「面接ではとにかく熱意を見せていれば大丈夫。」
「とりあえずガクチカと長所・短所を覚えていれば良いでしょ。」
「今回の面接はちゃんと答えられたから合格だろう。」


そのような生半可な姿勢で就活に取り組んでいたら、必ずいつか痛い目に遭います。

本当に第1志望の企業から内定を得たいのであれば、その考え方は改めましょう。

社会に求められる人材とは?


ロジカルシンキングとは、すなわち「論理的思考」です。

面接では、あなたの考えや説明が

・一貫しているのか
・筋が通っているのか

という点を見られています。

あなたの発言に一貫性があれば、面接官にとっては説得力があり、あなたの信頼性に繋がります。

そんな人材であれば、今後の会社・社会を引っ張っていく下地があると言えます。社会においても貴重で自分の会社に欲しいと思わせることができるでしょう。

多くの企業が上の図の流れにあるように、論理的思考力がある人を求めているのです。

毎日できるロジカルシンキングの鍛え方

ロジカルシンキングはすぐ身につくものではありません。
毎日コツコツ意識して、行動していくことで身についていきます。

常になぜ?を考える

自分が行動することや、自分が思った疑問に対し、2度なぜ?と自問してみましょう。

例:何故毎日TOEICを勉強しているのか?

→900点を獲得するため。
↓なぜ?
就活で資格が有利だから。
↓なぜ?
TOEICを重視する企業が多いから。

これは例ですが、常になぜ?を考えることが重要です。最低でも、2回以上なぜを掘り下げましょう。

”なぜ思考”が身につけば、発言がより説得力を高まるだけでなく、自分の考えや意見が洗練されたものになるでしょう。

目標を意識する

あらゆることに対して目標を設定してみましょう。

その目標を達成する手目に「私は今、何をすべきか?」論理的に考える機会を作りましょう。

小さなことでも構いません。

「今週は毎日自炊しよう。」
「そのために何時に起きて、どのくらいの食事を買い置きしようか?」

些細なことから考えていくことでロジカルシンキングがあなた自身にとって普通のことになっていきます。

・常になぜ?を考える
・目標を意識する


この2つ意識して取り組んでいくだけでロジカルシンキングは鍛えることができます。

”意識づけ”、”習慣づけ”を忘れずに取り組んでいきましょう。

面接での活用方法

鍛えたロジカルを活かせる場面。
それが面接です。

基本的に、面接はあなたのESを元に進められます。
つまり、あなたのESに対して面接官が深堀をしてくることになります。

まずESを分析する

面接に挑む前に、あなたが書いたESをしっかり分析しておくことが重要です。


あなたがやり遂げたことや行動したことに対して、

「なぜその行動に至ったのか?」

各行動に対して理由を考えておきましょう。


あなたは何気なく行動をしているかもしれませんが、その行動を選択した理由が必ずあります。

あなたの価値観であったり、性格、経験、様々なことを起因しているはずです。

面接では、「なぜその行動を選択したのか」を高確率で聞かれます。

事前に分析しておくことで、より対応しやすくなるでしょう。

常に理由を述べる

面接で難しいのは、面接官が独自に質問をしてくるケースです。

ESの設問に対してはある程度対処できますが、独自の質問の場合、その場で考えなければならないからで。

そんな時に重要なのがロジカルシンキング。

自分の答えに対し、冷静になぜ(理由)を考え、述べましょう。

論理的に考えて話せるか、話せないかで、あなたに対する印象は大きく変わってきます。

まとめ

今回はロジカルシンキングの鍛え方と活用方法を解説しましたが、いかがでしたか?

ロジカルシンキングと聞くと難しい印象を持たれる方が多いですが、要は”なぜ”を考えるということ。

また、ロジカルシンキングは就活だけでなく、会社に入ってからでもお客さんや社内のやりとり、仕事の進め方等、必ず役に立ちます。

就活生のうちから鍛えることで、就活でも社会人でも質の高い発言ができるよう鍛えていきましょう!

応援しています!

コメント

タイトルとURLをコピーしました