【まとめ】面接で好印象を与えられる逆質問の例【新卒向け】

面接攻略

面接の終わりに必ず聞かれる“逆質問”

いざ質問して下さいと言われてもなかなか思いつかず悩んでしまう方もたくさんいるでしょう。

逆質問の内容によって、担当者からのあなたの印象が上がったり、下がったりすることはザラにあります。就活生が思っているより、逆質問の内容は非常に重要なのです。

どのような質問をすれば、好印象なのか?
本記事では、相手を惹きつける逆質問例を紹介します。

逆質問タイムで内定に一歩でも近づきましょう!


対象読者:逆質問の内容が思いつかない人

執筆者:よんた
19卒・関関同立。
就活前半戦の惨敗をきっかけに就活について研究。本質に気付く。
その後、志望企業から内定を獲得し、現在も楽しく働いている。
現在は、”幸せになれる就職活動”を広めるため、活動再開。
150人以上へのアドバイス実績。電子書籍出版中。

相手を惹きつける逆質問とは

そもそも相手を惹きつける逆質問とはどのようなものなのでしょうか? 面接において相手を惹きつけるということは、次の面接に来て欲しいor採用したいと思えるかということです。


逆質問においては

・自社・面接官のことに興味を持っている

といったポイントが相手を惹きつける最大のポイントになります。なぜなら、自社や面接官のことに興味を持っているということは本当にその会社で働きたいという姿勢を見せることが出来るからです。


逆に注意すべきことは

・分かりきった質問をしない
・待遇面の質問はしない
・質問するときは具体的に


といったポイントになります。

分かりきった質問をするぐらいなら質問しない方がマシなぐらいです。
逆に自社のことを詳しく調べ切れていなと判断されてしまいます。


待遇面については勿論皆さんが企業選びをする上で大きな基準になっていると思います。しかし、逆質問の場面ではあまり聞くべき内容ではありません。質問を受けている身からすれば待遇面>仕事面と受け取られてしまいます。

わざわざ逆質問の場ではするべきでないでしょう。


また、具体性がない質問だとその会社に興味を持っているということが伝わりにくいです。


例えば
「御社の営業職では【自分の長所】は役に立ちますか?」


この質問だと極端にいうと回答が「はい」か「いいえ」で終わってしまいます。これではせっかく質問したのに、話が大きく発展せず終わってしまいます。


より具体性を持たせるために
「御社の営業職では〇〇型の営業になりますが、どのような能力が一番大切になりますか?」

といった質問内容の方が質問後の話の内容も大きく膨らみます。

次のパートでは状況別の質問集を紹介していきます。

説明会・座談会

説明会・座談会では面接とは違いざっくばらんに質問することが可能です。

先ほどの注意すべきポイントとして書いた待遇面についても座談会形式などであれば、質問してもいいと思います。

ただし、社員の方が答えにくいような鋭い質問は控えましょう。


【質問例】

・御社に入社して良かったと思えることは何ですか?
・会社に入社する前と後での印象を教えて下さい。
・仕事をしていて一番やりがいがあった部分を教えて下さい。
・1日の仕事の内容・流れを教えて下さい。
・御社に入社する決め手になったことを教えて下さい。
・社内の雰囲気を教えて下さい。
・どのようなスキルを持った人が御社で活躍されていますか?
・仕事を行う上で大切にされていることを教えて下さい。


説明会・座談会では面接の場では聞けないようなこともこのタイミングでは決めます。

より会社のことに理解を深めるための質問の場としましょう。

1次面接〜3次面接

最終面接以外の面接では面接官は現場担当レベル(若手〜中堅)、役職付きで部長レベルになります。

質問の内容としては若手や中堅社員だから聞ける質問内容や、実務を担当している人だから聞ける内容を中心に考えましょう。


【質問例】

・入社してから苦労した点・どのようにそれを乗り越えたか教えて下さい。
・仕事を行う上で大切にしているポイントを教えて下さい。
・御社で活躍している人の特徴を教えて下さい。
・〇〇さんの今後の目標を教えて下さい。
・どのような人と一緒に仕事がしたいですか?
・今後5年、10年後の描いているキャリアプランを教えて下さい。
・〇〇事業以外に今後注力していく/注力する必要がある事業があれば教えて下さい。


1次面接〜3次面接では仕事内容に特化し実務担当だからこそ聞ける質問を意識しましょう。

最終面接

最終面接の場では面接官も上層部〜役員レベルが担当することになります。今までの面接では仕事内容の質問が多かったと思いますが、最終面接でそのような質問をしてしまうと見当外れな内容になってしまいます。

その会社の今後の戦略や将来性をといった観点からの質問ができれば、最後の採用可否判断を行うにあたって良い印象を残すことができるでしょう。


【質問例】

・御社が今後継続して成長するにあたって必要な部分を教えて下さい。
・御社の〇〇製品で高い市場シェアをキープできている理由を教えて下さい。
・御社の事業で今後伸ばしていきたい分野を教えて下さい。
・御社で仕事をする上で一番大切なことを教えて下さい。
・これから入社する新入社員に期待するポイントを教えて欲しいです。
・入社するまでに準備しておいた方が良いことを教えて下さい。


最終面接では会社という大きな枠組みを意識しながら質問内容を考えて下さい。

まとめ

今回はパート別に逆質問をまとめてみましたが、いかがだったでしょうか?

逆質問は大抵面接の最後に聞かれます。質問することがない・的外れな質問をしてしまい評価を落としてしまうことは非常にもったいないです。

また、面接官ごとにどんな質問が相応しいのか? イメージしながら、逆質問の内容を考えてみて下さい。

逆質問の時間は、適切な質問をすることで

・面接官と仲良くなる
・情報を引き出す
・自分をアピール


など大きなチャンスに変えることができます。


「次の面接に来て欲しい。」
「採用したい。」

と思えるような人材になれるように事前に準備していきましょう。


コメント

タイトルとURLをコピーしました