就活をしたくないと思ったあなたに、社会人3年目から伝えたい3つのこと

就活論

「就活したくない」

就活は学生生活の終着点。
時には、自分の将来に思いを馳せたり、暗い未来を想像しネガティブになったりするもの。


だからこそ、


・学生が終わらないでほしい
・就活やりたくない
・したくない

と思ってしまうのも当然です。

そんな時、“あなたに考えてほしい3つのこと”を社会人3年目が書いてみました。

執筆者:よんた
19卒・関関同立。
就活前半戦の惨敗をきっかけに就活について研究。本質に気付く。
その後、志望企業から内定を獲得し、現在も楽しく働いている。
現在は、”幸せになれる就職活動”を広めるため、活動再開。
150人以上へのアドバイス実績。電子書籍出版中。

就活はしたくなくて当然

就活したくないという感情は普通です。
就活をしたいと感じる人の方が少数派でしょう。

なぜなら、就活というのは学生→社会人への最初のステップだからです。

学生と社会人では大きく2つのことが違います。

①決められたレールはない

学生時代は、基本的にお膳立てされたレールを歩いてきました。
授業、部活、受験、宿題など大人が課題を用意してくれていたのです。

周りと同じようにやっていれば、そこそこ生きていくことができたでしょう。


ですが、これからは違います。
自分で多くの選択肢から選び、自分でレールを敷いていかなければならないのです。


それには、これまで以上に多くのエネルギーが必要でしょう。

だからこそ、したくないという感情になるのは当然なのです。

②評価=自分の価値となる

学生と社会人では、評価の重要度が全然違います。

学生時代もテストの点数や通知簿の評価などはありましたが、それが自分の価値に大きく直結することはなかったはずです。

周りからバカ呼ばわりされたり、頭いいねと言われたりする程度です。

ですが、社会人はシビアです。
他人の評価が自分の給料を決め、周りとの人間関係、自分のキャリア・将来などを大きく左右していくのです。


就活でも人事担当や面接官の評価があなたの将来を決めます。
だからこそ、学生と社会人とのギャップを感じ、就活をしたくないと思うのは無理ないのです。


就活をしたくないと感じるのは、少なくとも就活と向き合っている証拠です。


まずは、そんな自分を褒めてあげましょう。
頑張って立ち向かっている自分を肯定してあげましょう。

ここで逃げなかったあなたには、きっと良い未来が待っているはずです。

楽したら負ける

就活は、学生側だけが大変なわけではありません。
企業側も相当大変なのです。


何千枚というESを読み、何百人と面接を行い、採用者を決定していきます。相当な時間と労力をかけて、未来を担う人材を発掘しているのです。


だからこそ、中途半端な学生に、企業は見向きもしてくれません。未来のビジョンを持ち、やる気に満ち溢れた学生とは雲泥の差でしょう。


「就活したくない」と嘆くのは大いにOKですが、尻を叩いてでも行動しなければ、就活で良い結果が出ないことは目に見えています。

「就活したくない」と甘えてばかりはいられないのです。

無理に就職なんかしなくてもいい

理由①会社員として生きることが全てではないから

多くの人が、「会社員として働くことが正しい」と決めつけています。

それは、

・周りの大人が会社員をやっているから
・多くの人がそうするから

という曖昧な理由によって思い込んでいるだけです。


また、社会の構造上、多くの人に会社員として働いてもらう方が、都合がいいということもあるでしょう。

ですが、それは本当に正しい答えなのでしょうか?


答えはNOです。


例え、フリーターやニート、ヒモだったとしてもその人自身が“幸せ”であれば、それが正解のはずです。

だからこそ、自分にとって就職することがより良い選択肢なのか? 考え続けなければなりません。


現代では、いろいろな生き方をしている人たちがいます。


まずは、多様な生き方を知り、会社員として働く以外の選択肢を知るのも良いかもしれません。

理由②お金は案外、必要ない

2年間、会社員をしてみて気付いたことがあります。


それは、就職なんかしなくても全然やっていけるということです。


現代では、多くのものが安く手に入ります。
リッチな生活を望まなければ、充分暮らしていけるでしょう。


地方では、月2,3万円で十分綺麗な部屋に住めますし、自炊をすれば食費は月2万円もかかりません。

月10万円ぐらい収入があれば、確実にお釣りが来ます。


かく言う私は、都内に住んでいますが、節約術を駆使し、月10万円程度で生活しています。


実際に、社会にはいろんな生き方をしている人たちがいます。
会社員として働かなくても幸せに暮らしている人はたくさんいるのです。

こちらは年収90万円で幸せに生きている方の本です。有名な本なのでぜひ読んでみて下さい!

年収90万円で東京ハッピーライフ

まずやるべきことは?

「本当に自分は就職活動をした方がいいのか?」


まずは、この問いの答えを出すことが、「就活したくない」と考えたあなたには重要です。就職というのは1つの選択肢でしかないからです。


そして、“就活する”と腹をくくったのならば、先輩たちが培ってきた“就活のやり方”を知りましょう。
そうすれば、効率的で結果の付いてくる就職活動をすることができるはずです。


頑張れ!就活生。

就活したくないと思っている方は、下記記事も参考にしてみてください!

本当に就活に向いていない人の特徴3つ。加えて解決策も考えてみた。
「就活に向いていないかも。」就活でうまくいかない期間が続くとこのようなこと思い悩んでしまいます。就活とは誰しもが行き詰まったり、悩んでしまうものです。全ての物事に対して必ず解決策はあります。 大切なことは「自分の弱みを発見し、改善しようとする気があるか」ということ。今回は就活に向いていない人の特徴と解決策を解説します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました