なぜ就活がつらいと感じてしまうのか? 3つの根本的原因とその解決策

就活論

「就活がつらい、つらすぎる」

就活は時に、苦しく、厳しく、辛いものです。
私も大学3年生の頃から毎日、胃が痛くなるほど悩み、過ごしてきました。

「本当にこれでいいのか?」 ESすら通らず、毎日、不安でした。
そんな日々があったからこそ今があるわけですが。

本記事では、自分の就活そして多くの就活生にアドバイスしてきた経験から、

・就活がつらいと感じるのはなぜか
・どう対処していけばいいのか


詳しく解説していきたいと思います。

対象読者:就活で挫折している人、悩んでいる人

執筆者:よんた
19卒・関関同立。
就活前半戦の惨敗をきっかけに就活について研究。本質に気付く。
その後、志望企業から内定を獲得し、現在も楽しく働いている。
現在は、”幸せになれる就職活動”を広めるため、活動再開。
150人以上へのアドバイス実績。電子書籍出版中。

就活がつらいのは当たり前

就活がつらいと感じているのはあなただけではありません。
毎年、多くの学生が悩むことです。

そもそも、就活はつらくて当たり前。
その理由をまずは、解説していきます。

①階段を上がるから

これまでも皆さんは人生の階段を一歩ずつ上がってきました。

小学生→中学生→高校生→大学生と…

人生の階段を上がる時には、受験や進路選択などこれまでも、少なからず「つらい」と感じることはあったでしょう。

ですが、就活はこれまでとは大きく違います。


なぜなら

学生→社会人

になるからです。


これまでは、学生という決められた範囲、だいたい周りと同じレールに乗っておけば、何とかなりました。

しかし、社会人は違います。
今後は、自分で多くの選択肢の中から決断をし、自分でお金を稼ぎ、自分の責任で生きていかなければならないのです。


その最初のステップが“就活”です。


だからこそ、学生と社会人とのギャップにつらいと感じるのは当然のこと。
まずは、大きな階段を上がろうとしている自分を認め、褒めてあげましょう。

②大きな決断を迫られるから

就活では、これまでとは比にはならない程、大きな決断をしなくてはなりません。

なぜなら、最初に入る会社によって大きく自分の人生が変わるからです。


それは
・働く場所
・一緒に働く人
・年収
・労働時間
 


など表面的なことだけではなく、


・自分の価値観、考え方
・キャリア、スキル
・これからの出会い



など、多くのことが変わってくるはずだからです。

だからこそ、就活がつらいと感じてしまうのは、当然の事。
逆に、そう感じていないのは異常だとも言えます。

そこまで考えられているあなたなら、きっと就活は大丈夫でしょう。

③評価されるから

就活では、これまで味わったことのない評価のされ方をします。

学生時代の思い返してみると、多くの場合、“点数”という形で評価されます。


例えば、テストの点数であれば、

自分が問題を解けなかったから→勉強をあまりしてなかったから

と評価は明確です。


また、部活動のレギュラー争いなども
多くの場合において、自分とチームメイトとの能力差によって説明できるでしょう。


ですが、就職活動は違います。


各社によって合格の基準はバラバラですし、評価者によって合否も変わってくるでしょう。そして何より、どのように採点されたのか学生側は知ることができません。


これまでとは、大きく違うのです。

だからこそ、なぜ落とされたのか分からなければ、つらいと感じてしまうのも無理はありません。

具体的な対処法

つらい、つらいと嘆くだけでは、問題は解決しません。

では、具体的にどう動いていけば良いのか?
対処法をお伝えしたいと思います。

①なぜつらいのか明確にする

「つらい」と感じている場合、漠然とした曖昧な悩みになりがちです。

まずは、その悩みの内訳を明確にしてみましょう。
紙とペンを用意して、書き出してみてください。


悩みの詳細がはっきりしなければ、解決することはできません。


また、解決策がないものだったとしても、理由が明確になることで割り切ることができたり、心が穏やかになるものです。

騙されたと思って、試してみてください。

②改善マインドを持つ

「落ちること=つらい」となっている人は、根本的には受かることでしか解決できません。


ですが、多くの人は、
落ちた→つらい
ここで思考停止に陥っています。


まずは、「なぜ落ちてしまったのか」考え抜きましょう。
落ちた理由に目星が付いたら、明確な改善策を立てましょう。


そうすることで、次は新たな自分で選考に挑むことができます。


最初から完璧な人間はいません。
改善を繰り返すからこそ、人は強くなるのです。


だから、改善をやめた時に、就活負け組に降格となります。


まずは、落ちてしまった原因を追究しましょう。
どうしても分からない時は、学校のキャリアセンターや先輩など相談するなど他人を有効利用することも必要です。

③完璧な準備をする

「つらい」という感情を乗り越えるのは、結局のところ、“行動”しかありません。


まずは、“完璧な準備”をしてみましょう。


全ての物事の勝敗は“準備”の段階で決まっていると言っても過言ではありません。
それは、就活も同じです。

自分で“完璧な準備”ができたと言えるぐらいであれば、心配ありません。
仮に落ちたとしても、そこに後悔はないはず。


「今回は、仕方なかった」
「採用担当の見る目がなかった」



と強い心を持つことができるでしょう。
そこに「つらい」という感情が芽生えることはないでしょう。

正しい努力をしよう

就活では“行動”することが一番重要です。

「つらいつらい」と嘆く前に、まずは考え抜き、行動に移さなければなりません。

「つらい」と嘆くだけの人と「つらい」けど頑張る人では、数か月後の結果は大きく違うはずです。

ただし、ただ頑張るだけでは、結果はついてこないでしょう。
間違った努力は、目標に近づけないだけではなく、遠ざかる恐れもあります。

まずは、先人達が培ってきた「就職活動のやり方」に沿って、就活をやり直してみてはいかがでしょうか?

後悔のない就活を

就活を「つらい」と感じてしまうのは普通のことです。

周りと比べて、悩んだり、劣等感を抱いたりする必要はありません。

なぜなら、「就活は自分との対話」だからです。

しっかり自分の心の声に耳を傾けましょう。
そして、自分はどうなりたいのか明確にしましょう。

ここが就活の出発点です。
後悔のない就活を!

辛いと感じているあなたは下記記事にも目を通してみてください。

就活でとりあえず内定が欲しい思っている人に向けた具体的方法5選
なぜか上手くいかない就活。周りが内定をもらい、焦る気持ち。とりあえず内定が欲しいと思うのは、当然のことです。 早い時期に内定をもらうことで、じっくり焦らず就活をしたいと思う方々へ、とりあえず内定をもらう為の方法を独自の視点で解説します。

就活がキツいと感じているあなたに ”就活を楽にするアイデア”3選
就活はやることも多く、正解が見えづらいので、肉体的にも精神的にも負担になりやすいもの。 もっと楽に就活を行いたいと普通は思うはずです。 就活がきついと感じるあなたに乗り越える3つのアイデアを紹介します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました