就活でやりたいことがないと思った時はどうすればいい? シンプルな3つの考え方。

企業選び


就活を控えた学生さんで一番多く相談を受けるのは
「やりたいことがない」「なにをやりたいかわからない」
というお悩みです。

それだけ、将来のこと・就活について真剣に考えているからこそ、このような悩みは出てくるのでしょう。

私自信も学生時代、やりたいことを考えるのはかなりの時間を要しました。

本記事では

・現時点で「やりたいことがない」と悩まれている方
・今後、就活を控えている方 


に向けて、「どのように考えて就活に臨めばよいのか」を私の経験をもとにお伝えしたいと思います。

執筆者:よんた
19卒・関関同立。
就活前半戦の惨敗をきっかけに就活について研究。本質に気付く。
その後、志望企業から内定を獲得し、現在も楽しく働いている。
現在は、”幸せになれる就職活動”を広めるため、活動再開。
150人以上へのアドバイス実績。電子書籍出版中。

やりたいことがないことは悪いことじゃない

皆さんに頭に入れておいてほしいことがあります。

そもそもやりたいことがないことは悪いことではありません。

大学生1〜2年の間でやりたいことを決めて就活に挑むというのは非常に難しいことです。
将来のことを明確に意識して過ごしてきた人は中々いないと思います。

「やりたいことがない」のは普通のことで、自分だけと悲観する必要はないのです。
だからと言って、やりたいことが見つからないまま就活をしても、良い結果は望めません。

企業はあなたがその企業で何をして、何を成し遂げたいのかを知りたいのです。

見つからないまま就活をすることは、自分のやりたいことの軸がないまま就活することになるので、企業に自分を売り込むことができません。

やりたいことがない場合、どうやって見つければ良いのか、簡単な考え方を紹介していきます。

興味があることは何か

これは、仕事だけの話ではありません。

もちろん仕事の中で興味があることが見つかれば良いのですが、おそらく本記事を読まれている方は中々それが見つかっていないと思います。

まず考えていただきたいのは、普段あなたが興味あることについてです。

・あなたの趣味
・最近気になっていること
・やっていると楽しくなることなど…


一度考えてみましょう。

直接、趣味が仕事になることはないかもしれませんが、趣味に関係する企業などを一度調べてみることはやりたいことを見つけるきっかけになります。

興味があるということは、

・やってみたい
・携わってみたい
・触れてみたい


と心の中で思っているから生まれる感情です。

就活もそういう意味では一緒です。

こんな企業に興味があるからもうちょっと詳しく調べてみようといった感じに少しずつ調べ始めるのです。
やりたいことがないからといって悲観する必要はなく、色んな視点から見つけてみることが大事です。

まずは、

・自分が気づいてなかった
・知らなかったこと


を知るきっかけを作っていみてはいかがでしょうか?

将来のことを考える

ここで言う”将来のこと”とは、仕事以外のことです。

将来どのように暮らしていたいか、どんな姿でいたいか想像してみましょう。

今、やりたいことがない人でも、どういう人生にしたいかという願望は少なからずあると思います。

例えば、50歳で早期退職して海外で過ごす、30代で起業・独立したい、早く結婚して子供は3人ほしいとか、人それぞれ様々な人生設計があるはずです。

あなたが『将来こういうことを成し遂げたい』と思うことは就活を行う上で重要な指針になるはずです。

多くの人にとって、働くことは人生の半分以上の時間を使います。

つまり、将来のことと働くことは強い繋がりがあります。
だからこそ、将来のことを考えることで、自分がやりたいこと、やらなければいけないことが浮かび上がってくるのです。

例:自分のライフプランを考えてみる

22歳新卒入社
20代後半結婚、子供は二人
30代前半家購入
65歳退職
65歳以降世界中を旅行する

自分の人生のことを考えるのは苦痛なことではないと思います。
むしろ、こうなっていたいと考えることは楽しいのではないでしょうか。

気楽に、自分の人生を考えてみることは、やりたいことを見つける一つのツールになるでしょう。

深く考えすぎないこと

「上のパートであれだけ言ってきたのに、このパートは考えすぎないことってどういうこと?」と思われるかもしれません。

今まで紹介したことは、もちろん考えなければなりません。
ですが、深刻に考えすぎないようにしてください。

「これを考えないとやりたいこと見つからない」といった風に考えてしまうと、重荷になったり、色んなアイデアが出てこないです。

気楽に「将来どうしていたいかなー?」「興味あること何だっけ?」と考えていると自然と自分が気づいていなかった部分も気付くことができます。

繰り返しになりますが、やりたいことがないことは悪いことではありません。

多くの人が通る道であり、そのタイミングで自分自身を見つめ直すことが重要なのです。
むしろ、あなたの人生が良い方向へ向かうためのチャンスと捉え就職活動に励みましょう。

まとめ


やりたいことが分からない人に向けて考え方をご紹介しましたが、いかがだったでしょうか?

この考え方を実践してすぐにやりたいことが見つかる人もいれば、すぐには見つからない方もいるでしょう。

例え見つからなかったとしても、行動することには意味があります。

「自分はこんなことをやってもどうせ見つからない」と思っている人にこそ、まず行動してほしいです。

行動しなければ、何も進歩はしません。
逆に行動すれば、必ず何か収穫があります。


『有用な情報をインプットしてアウトプットする場を作る。』

就活を円滑に進める上でこの考え方は土台になり、必ず皆さんの助けになります。

まずは、試してみましょう!

やりたいことがわからない人向けの企業の選び方について解説しています!

何がしたいか分からない就活生がやるべき企業選びの方法論4選
「何がしたいか分からない」 毎年、多くの就活生がこの問いで悩みます。あなたが思っているよりも学生は多くのことを知りません。どんな会社でも入ってみれば、多くの気づきや発見が待っているはずです。本記事では、現時点で何がしたいか分からない方向けに、就活とどう向き合い、仕事・会社を選べばよいか解説していきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました